森谷安子のアルバム

 
 
 

安子 ー 城井(きい)道太郎と瀧子の次女  大正2年(1913).1.21生

昭和6年(1931) 東京府立第五高女卒業

昭和10年(1935)  2 森谷東明と結婚  台湾・基隆(日本鉱業・金瓜石鉱業所)へ

昭和16年(1941)  福島県・郡山市、日本鉱業高玉鉱業所へ転勤

昭和17年(1942)5.19  長女・順子誕生

昭和18年(1943)   満州国・錦縣近郊女児河(じょじが)、錦州製錬所へ転勤、9月安子満州へ

昭和18年(1943).10.3  長男・東平誕生

昭和19年(1944)2.20  東明出征

昭和20年(1945).8.15  敗戦、9.19 製錬所周辺の暴民蜂起、錦縣での難民生活、

昭和21年(1946) 1.26 順子死去、 5.23 安子と東平が博多上陸、その後東京へ 散文詩の執筆

昭和22年(1947).1.2  安子死去(33歳)、東平3歳2ヶ月

                                   ******************************

昭和49年(1974) 1     東明より安子の遺稿を受領

昭和63年(1988) 5. 31  東明死去

昭和64年(1989)   安子の姉の長男・義洋、長女・和子より安子の
写真・遺品を受領

昭和64年(1989)   安子の第五高女時代の親友・長谷川節子さんより安子の写真・遺品を受領

平成10年(1998) 3.8  安子の手記を出版 悲母 - あの子は満洲の土になった

平成10年(1998) 12   台湾時代の安子の親友、村岡ふぢさんにお目にかかり多数の写真を受領。

 

安子   (東平の生母)