無料カウンター

(旅行記)とんぺいくさまくら 27

Kusamakura

Walking, Walking in NY

歩け、歩け、紐育  

    June, 2017~                   

2017年夏は好きな遠出の旅行はあきらめて近場を歩こうと決めた。3月末ごろから足の痛みなど体調を崩して、これが運動不足から来ているようだから。
 

9-04-2017   Byram Shore and Rosenwald Park, Greenwich CT         1.5時間 8592歩

1 2 3
Byram Shore and Rosenwald Park         公園近く、広い庭園の邸宅           Self Storage

NY州の東、コネチカット州の西端にあるこじんまりとした公園まで往復のウォーキング。 ヨットハーバーがある。海の向こうは15年前まで住んでいたロングアイランド島。この辺りの海辺沿いは豪邸の敷地となっている。写真中は、ゴルフ場のように広い庭園のある邸宅。もう紅葉が始まっている。写真右は、「賃貸の物置」ともいうべきビルで、日本では見かけず?アメリカに多い 施設だ。自宅に収まりきれないものを収納する場所である。たくさんのものを買いすぎたり、捨てられないものが増えすぎて利用する。日本ではどのようにしているのだろう?このようなビジネスは成立しないのだろうか?(トランクルームというのがそれに相当するのですね)

8-19-2017   Rockefeller State Park Peserve, Pleasantville   (Trail Map)  3時間 16246歩

2 1 3 

    Trail            Meadow and Lake    Tiny butterflies シジミチョウ   アメンボとシジミチョウ

富豪ロックフェラー家が、所有していた4000エーカーの土地のうちおよそ900エーカーをNY州に寄贈して作られた森林公園。写真左のように、トレイルは自動車が通れるほどの広さで細かな砂利を敷いて歩きやすい。今日は見なかったが、10年前に来た時には乗馬を楽しむ人たちがいた。広大な森林であるがよく整備されていて雰囲気が明るいのが良い。公園内には人造湖、いくつかの小川、森林、広場など変化があって気持ちが落ち着く。歩きやすい道を歩きすぎたのか疲れた。小川の水面のアメンボ、トレイルで乱舞するシジミチョウが妙に懐かしくビデオを撮影した。(パーキング$6、Sleepy Hollow Rd側はタダ)次回はハドソン川近くのエリアを歩こう。

8-9-2017   Teatown Lake Reservation, Ossining     (Trail Map)  4時間 15817歩

1 2 3
1: Red Trail, 2: Yellow T., 3: Orange T.    Shadow Lake and lotus flowers      Vernay Lake and a Dragonfly

この 自然公園は2回目。前回(7-19-2017)はTeatown Lakeの湖畔を歩いたが、今回は東側の3っつのトレイル1〜3を選んだ。11時に歩き始める。1番目のRed Trailは静かな林の中を歩く。2番目のYellow Trailは岩を登り谷を降る起伏の多いコースで面白い。最高高度点でサンドイッチのランチ。下りも快適に歩く。小さな湖で小学生が蛙をとって遊んでいた。3番目のOrange Trailは2つの湖がある。Shadow Lakeでは人気のない湖面に蓮の白い花が咲き、湖畔にしばらく座って鑑賞した(写真中)。ここから長いトレイルを歩きVernay Lakeでたくさんのトンボを見る。3時に車に戻る。トレイルに変化が多く楽しいウォーキングだった。

 

8-5-2017 Rye, Read Wildlife Sancturary, Playland        12000歩

map 1 2

Ryeの街の東南にあるManursing Islandという陸続きの「島」まで歩いて行く。ここは前にも一度来たことがある。Grace Church St.からKirby Ln.に入り南下。この辺りは館のような高級住宅が並ぶ。中の写真の花が館の門で咲いている。綺麗で良い香りだ。あじさいの仲間でLimelight Hydrangeaらしい。右の写真は島に続く細く半島のような道である。島の北側は団地になっていて部外者は入ることができない。南にはManursing Island Clubというスポーツクラブが海岸を占領している。門番に断って通過することに。ここから西にEdith G. Read Wildlife Sancturaryという小さな自然公園がある。水辺沿いのトレイルを進む。公園を出てしばらく行くと大きな遊園地、Playlandがあり賑わっていた。13番のバスに乗り帰った。NYのバスは地下鉄と共用のカードMetroCardが必要だが今日は忘れた。現地で買うことができないのが不便だ。両替したコイン$1.35で乗車した。

 

8-4-2017 Cranberry Lake Preserve, Valhalla      (Trail Map)     9059歩

map  2 1  

Cranberry Lake Preserveは、6月27日に一周した広大なKensico Lakeの東に位置する。地図で見ると小さな湖である。Kensico Lakeが人造湖であるのに対し、Cranberry Lakeは氷河が削った谷間の湖であるとのことだ。公園の北の端に車をおき、東側のトレイルを行く。鬱蒼としたブナなどの広葉樹林の森である。ところどころ、木の幹にトレイルを示す赤、青、黄、などの小さな目印(blaze)がありそれを頼りに進む。この印があっても道に迷いそうだ。富士山麓の樹海はこんなところだろうか。スマートフォンのコンパスで確かめながら歩く。行けども行けども木ばかりで湖がなかなか見えない。南部のSouth Pondの南側を回って公園の西のトレイルを北上。ようやく木々の間から水面を見る。この公園も展望が効くところは少ない。南部の湿原のところに野鳥の観察タワーがあった。時期と時間を選べば楽しめるのだろう。

 

7-30-2019 Saxonwoods County Park    (Trail Map)   6500歩

map   1

この公園の西にあるゴルフコースには数え切れないほど来たことがある。東側にある大きなプールは家族の行楽で有名らしい。今回ウォーキングの最後にトレイルから撮ったのが上の写真である。ここのトレイルは歩くのは初めてで、トレイルマップの北側の地域を大回りで一周した。大部分が林の中を延々と続く道である。途中2回ほど馴染みのゴルフコースに近くなる。それ以外は展望が効かず全く面白みに欠けるトレイルであった。したがって写真もプール以外ない。早朝なら野鳥が観察できるだろうか。

 

7-19-2017 Teatown Lake Reservation, Ossining     (Trail Map)

2 1 3

この公園のことはこれまで知らなかったがとても良いところだ。Teatown Lakeの湖畔を一周するトレイルが気持ちが良い。水辺から離れると高い木の林の中に長いハイキングコースが続いている。水辺に戻り浮橋から睡蓮の花とその周りに飛ぶトンボを鑑賞する。トレイル沿いにところどころに設置されているベンチは大部分が寄贈品である。説明板が詳しく、この公園を愛して亡くなった人の縁者により設置されたことがわかる。湖畔の一つのベンチ(右の写真)は他のとは違っていて小さなパネルがあるだけで説明がない。パネルの二人の名は恋人同士?兄と妹?二人にはどのような物語があったのだろうか。私の想像では、二人は仲の良い夫婦で二人の子供達がこれを作った・・・

 

6-27-2017 Kensico Lake, Valhalla, Armonk

1 2 map

家からドライブで20分ほど北にある Kensico Lakeは大きな人造湖。この湖の水はニューヨーク市の水道に使われている。7・11の時には毒物投入によるテロを防ぐために周辺住民が監視をしたそうだ。左の写真は、巨大なダムの頂上部である。普通のハイキングではこの道路を東に行って終わり。今回、この広大な湖を一周することにした。湖の西側は広い道とまばらな住宅のある地域であり快適に歩く。湖の北端から南下する120号線、途中から分かれる22号線共に交通量が多く歩道がない自動車道路である。中の写真は湖の上をまたぐ橋の手前から南方を撮ったものである。およそ5時間のウォーキングでダムの下のマイカーにたどり着いた。今回の歩きは少々無謀であった。

6-22-2017 Marshlands Conservancy, Rye   約4 miles

1 2

国道1号線沿いにある郡立公園である。林と湿原の中のトレイルを歩く。野鳥観察を期待したが真夏の昼のせいか多くはない。南端の海辺近くで猛禽類の巣を見つけた。ミサゴOsprayだ。つがいで卵を温めているようだ。私を警戒して巣から鳴き声で威嚇している(ビデオ)。

 

6-13-2017、6-16-2017 Boston Post Road Port Chester - Mamaroneck 約7 miles


1 2

家から国道1号線を東に。この道は"The Boston Post Road"という名で、その名の通り、ニューヨークとボストンを郵便馬車が通った歴史ある街道で開始は1673年だ。NY州内では西から東に、Port Chester、Rye、Harrison、Mamaroneck、Larchmont、New Rochelle・・・と歴史ある街を結んでニューヨーク市まで達している。Ryeの中心部を通り過ぎてから交通量も少なくなる。城のような外観のアパートがある。格式があって良いが、多分エレベーターはないだろう。Old Rye Fort 1675の標識がある。1775年が合衆国の独立だからその100年前、1675年にフィリップ王戦争で対インディアンに対する砦が築かれた場所。現在は国教会の牧師館である。街道沿いにはこのように史跡が多い。およそ2時間の歩け歩けでMamaroneck鉄道駅に。このコースのウォーキングを2回実施した。